神戸イニエスタは「戦場の勇者モード」 負傷を押してのACL4強貢献にスペイン紙注目

神戸MFイニエスタは負傷を押して途中出場【写真:AP】
神戸MFイニエスタは負傷を押して途中出場【写真:AP】

上海上港戦で右太もも痛めたなか、ベスト8の水原三星戦では延長後半から途中出場

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、現地時間10日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝、水原三星(韓国)戦に延長戦後半の途中から出場。右太ももの負傷を押してPKを成功させてベスト4進出に貢献し、母国スペインメディアは「戦場の勇者モード」と称えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 イニエスタはACL決勝トーナメント1回戦の上海上港(中国)戦で、ロングシュートを狙った際に右太もも前部を押さえて途中交代。それから中2日の準々決勝ではベンチスタートになった。

 前半7分に先制された神戸は、相手が決定機阻止での退場者を出した場面で得たフリーキックをFW古橋亨吾が決めて前半のうちに1-1と追いついた。しかし、そこから相手を崩しきれず試合は延長戦へ。そして、延長後半8分の時点でイニエスタがピッチに送り込まれたが、中央のゾーンからまったく動くことができず、本来のボールに多く関わっていくプレーは見られなかった。

 そしてPK戦の1人目にイニエスタは登場したが、中央への緩いキックを決めたものの、再び負傷した場所を押さえて苦悶の表情を浮かべた。延長戦のプレーではほとんどボールタッチをしていなかっただけに、キック1回にも耐えられない状態であることが浮き彫りになってしまった。

 最終的に神戸は7人目のFW藤本憲明が決めてPK戦に競り勝ち、ベスト4に進出。スペイン紙「マルカ」は「“戦場の勇者”モードでイニエスタは神戸をACL準決勝に導く」との見出しで取り上げている。

「イニエスタは神戸で歴史を作り続けている。天皇杯で優勝させ、ACLで準決勝進出に導いた。決勝トーナメント1回戦の上海上港戦で負傷し、状態の悪さから水原三星戦はベンチスタートだった。しかし、延長後半に神戸の監督はイニエスタを投入する決断を下した。イニエスタは神戸の最初のPKキッカーを務め、成功させたが、負傷しているのは明らかだった。すぐに痛みで右太ももを押さえた」

 神戸は13日に準決勝で蔚山現代(韓国)と対戦。勝利すれば19日に西地区をすでに勝ち上がっているペルセポリス(イラン)との決勝に臨む。PK成功後の痛がり方を踏まえればイニエスタの状態は決して良くないが、果たしてどこまで回復できるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」