横浜FM、水原三星に痛恨の逆転負けでACL敗退 Jリーグ勢で8強進出は神戸のみ

FWエリキが先制するも水原三星ブルーウィングスに敗れベスト16で敗退【写真:Getty Images】
FWエリキが先制するも水原三星ブルーウィングスに敗れベスト16で敗退【写真:Getty Images】

エリキの一撃で先制も…後半に逆転を許し2-3で敗戦

 昨季のJ1リーグ王者である横浜F・マリノスは、アジア16強で大会から姿を消した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は現地時間7日に決勝トーナメント1回戦の試合が行われ、横浜FMは水原三星(韓国)に2-3の逆転負けを喫した。

 新型コロナウイルスの影響で3月に中断し、先月にカタールでの集中開催として再開したACLで、横浜FMはグループステージで1試合を残して決勝トーナメント進出を決め、最終戦ではそれまで出場機会の少ないメンバーに入れ替えた。そのため、このゲームでは再びスタメン11人全員の入れ替えという、コンディション的にはフレッシュな状態で臨んだ。

 前半の立ち上がりから横浜FMが主導権を握り、前半20分、MF喜田拓也がFW仲川輝人へスルーパスを通すと、ペナルティーエリア内の右サイドに抜け出した仲川は中央へラストパス。これをFWエリキが押し込んで先制に成功した。

 その後も横浜FMはFWマルコス・ジュニオールとエリキに決定機が訪れたものの、いずれもシュートミスでゴールを奪えず。試合内容で上回りながらも、ビッグチャンスを生かせない嫌なムードも抱えながら1-0でハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると徐々に運動量が落ちて間延びを始めた両チームは、オープンな展開の試合をし始めた。そのなかで後半12分、横浜FMは中盤でのボールロストから寄せが遅れたところで次々にパスをつながれ、最後はDFキム・テファンにミドルシュートを決められて1-1の同点とされてしまった。

 横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督は残り15分を切ったところで3枚替えを行い、運動量の確保と再び攻撃のスイッチを入れる狙いをピッチに送り込んだ。しかし同37分、ボールロストからプレッシャーの掛からなくなった中盤をMFキム・ミヌに持ちあがられ、ワンツーでペナルティーエリア内に入り込まれるとそのままシュートを決められて、1-2と逆転を許した。

 さらに同43分、MFハン・ソクチョンにセンターサークル内から前に出ていたGKオビ・パウエル・オビンナの頭上を越えるロングシュートを決められて1-3とされた。横浜FMは後半アディショナルタイムにFWオナイウ阿道が1点を返したものの2-3で敗れ、昨季のJ1制覇でアジアの舞台に挑んだ戦いを16強で終えることになった。日本勢で残るのは、同日に上海上港(中国)を下したヴィッセル神戸のみとなった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング