37歳の日本人MF、“史上初”サンマリノリーグ参戦 優勝すればCL予備選へ「歴史を刻めるように…」

日本人で初めてサンマリノリーグに挑戦するMF田島翔(写真左)【写真:本人提供】
日本人で初めてサンマリノリーグに挑戦するMF田島翔(写真左)【写真:本人提供】

各国でプレーした元熊本のMF田島翔、サンマリノ1部S.S.ペンナロッサに加入

 元ロアッソ熊本のMF田島翔が、サンマリノ1部リーグS.S.ペンナロッサへの加入が決まった。昨季4位の強豪で背番号は「8」。サンマリノリーグでプレーする日本人は初めてとなる。

 37歳の田島は函館工業高校を卒業後、FC琉球やロアッソ熊本のほか、海外はスペイン、ニュージーランド、アメリカなどを渡り歩き、韓国のソウル・ユナイテッドでもプレー。昨季は地元のFC函館ナチャーロに加入した。

 今回は日本人で初めてサンマリノリーグに挑戦。2003-04シーズンには優勝を経験し、昨季は4位につけた名門だ。同リーグを制覇するとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)予備選にも出場できる。

 また、田島の加入にあたって、同リーグのチームと初めて日本企業の「アトムソリューションズ株式会社」がユニフォームスポンサー契約を締結。未知なる挑戦に、田島は決意を新たにしている。

「世界中が大変な中、CL出場という目標に向けて、サッカーができる事に感謝をしながら、1日1日を大切にしていきたいと思います。街全体が世界遺産というサンマリノで、プレーはもちろん、普段の振る舞いから高い意識を持ち、日本人として歴史を刻めるように頑張ります」

 ガッツあふれる“苦労人”の、新天地での活躍にも注目が集まる。

<PROFILE>
田島 翔 1983年4月7日生まれ(37歳)

函館工業高校-クレメンティFC(シンガポール)-FC琉球-NKヴァルテクス(クロアチア)-TSKロセス(スペイン)-ロアッソ熊本-シュライカー大阪サテライト-オークランドシティFC(ニュージーランド)-マイアミユナイテッド(アメリカ)-ラスベガスシティFC(アメリカ)-ソウル・ユナイテッド(韓国)-FC函館ナチャーロ

■スポンサー企業「アトムソリューションズ株式会社」
https://www.atom-solutions.jp/

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング