FC東京、3度目のACL挑戦も16強で散る… “無敗”北京国安の守備を崩せず0-1敗退

FC東京は北京国安に敗れベスト16で敗退となった【写真:Getty Images】
FC東京は北京国安に敗れベスト16で敗退となった【写真:Getty Images】

後半14分にアランに被弾、ゴール前の精度を欠き無得点で敗れる

 FC東京はまたしてもアジア16強の壁を破れなかった。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦で北京国安(中国)と対戦したFC東京は、後半に喫した1点を奪い返せず0-1で敗れた。

 新型コロナウイルスの影響で3月に中断し、カタールでの集中開催として11月下旬に再開した今大会で、グループFを2位通過したFC東京は、E組を5勝1分の無敗で勝ち上がってきた北京国安とラウンド16で顔を合わせた。

 前半からFC東京は相手を押し込む時間帯も作り、FWレアンドロにはペナルティーエリア内や、すぐ外の位置からのFKなどチャンスもあったがゴールにはならず。一方の北京国安も中盤のブラジル代表MFレナト・アウグストや、元スペイン代表MFジョナタン・ビエラを軸に鋭い攻撃を見せ、どちらも譲らず0-0で前半を終えた。

 後半も一進一退の様相のなかで、FC東京は先にゴールを破られる。立ち上がりからややリズムの悪い時間が続いた同14分、ビエラからのパスを受けたアウグストがペナルティーエリア内の右サイドに進出すると、ラストパスを受けたFWアランのシュートはGK波多野豪が体に当てたもののゴールへ。警戒していた外国人トリオのコンビネーションにより失点してしまった。

 FC東京の長谷川健太監督はFWアダイウトンを交代出場でピッチに送り込むなど打開を図ったが、北京国安の最終ラインを崩せずこのまま試合終了。FC東京は2012年、16年に続いて16強での敗退になった。

 粘り強い戦いを見せたFC東京だったが、追いかける展開になったなかで得点力不足を露呈。グループステージ第4節の上海申花戦(2-1)での相手のラフプレーによって、FWディエゴ・オリヴェイラを負傷で欠いたことが最後まで響いてしまった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド