元日本代表監督アギーレ、母国モンテレイの指揮官就任で合意 年俸は2.4億円と現地報道

かつて日本代表を率いたアギーレ監督が、母国メキシコのモンテレイの監督に就任か【写真:Getty Images】
かつて日本代表を率いたアギーレ監督が、母国メキシコのモンテレイの監督に就任か【写真:Getty Images】

昨季はスペインのレガネスを率いるもリーグ18位と低迷して降格になり、フリーの身に

 日本代表を指揮した経験を持つメキシコ人監督ハビエル・アギーレ氏が、母国の1部モンテレイの指揮官就任で内定したという。メキシコメディア「mediotiempo」が報じた。

 現在62歳のアギーレ氏は、メキシコ代表、アトレティコ・マドリード、エスパニョールなどを経て、2014年夏から日本代表監督に就任。2015年のアジアカップでベスト8に終わったなか、同年2月にスペインでの八百長に関与した疑い(のちに無罪)で契約が解除されていた。

 UAEのアル・ワフダ、エジプト代表監督を指揮したあと、昨季はスペインのレガネスを率いていたが、1部リーグ18位(9勝11分10敗)に沈み、2部降格で退任となった。

 フリーの状態が続いていたが、2019年のFIFAクラブワールドカップで3位に輝いたモンテレイの監督就任で合意に至ったという。記事によれば、年俸は推定240万ドル(約2億5000万円)。ティグレスを率いるリカルド・フェレッティ監督の280万ドル(約2億9000万円)に次ぐ、リーグ2番目の高額となる。正式サイン後、12月10日までにモンテレイ入りする予定だとされている。

 アギーレ氏がメキシコのクラブを率いるのは2001年のパチューカ以来。久々の母国凱旋でどのような手腕を見せるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング