ELで“悲劇のゴール” ポストに股間強打で交代に海外メディア騒然「見るだけでも痛い」

スタンダール・リエージュFWドゥイェ・チョプ【写真:Getty Images】
スタンダール・リエージュFWドゥイェ・チョプ【写真:Getty Images】

スタンダールFWチョプがゴール前に駆け込み、ゴールを決めるも勢い余ってポスト直撃

 ベルギー1部スタンダール・リエージュは、現地時間3日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節レンジャーズ(スコットランド)戦で2-3と敗れた。前半40分には一度勝ち越したが、その“悲劇のゴール”に海外メディアも注目している。

 前半6分にベルギー代表MFマクシム・レスティエンヌのゴールで先制したスタンダール。同点に追いつかれて迎えた前半40分に珍場面が発生する。

 カメルーン代表DFコリンズ・ファイのロングクロスがファーサイドに流れ、走り込んだクロアチア代表FWドゥイェ・チョプの元へ。チョプは太ももでなんとか合わせて強引にボールを押し込んだが、勢い余って左ポストに直撃。股間を強打してしばらく動けず、ハーフタイムでFWミシェル・アンジュ・バリクウィシャとの交代を余儀なくされた。

 スペインメディア「エル・デスマルケ」は「見るだけでも痛い」との見出しで取り上げ、チョプについて「とてつもないダメージ」と言及。スペイン紙「マルカ」は、「最もつらいゴール」と報じた。

 スタンダールはその後2失点を喫して逆転負け。チョプにとっては二重の苦みとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング