上海上港、衝撃の守備放棄が波紋拡大 「プロフェッショナリズムを投げ出したのか?」

上海上港の"守備放棄"シーンへの波紋が拡大【写真:Getty Images】
上海上港の"守備放棄"シーンへの波紋が拡大【写真:Getty Images】

GKが飛び出しでミスを犯し、DFが追いかけるのを止める衝撃の光景に中国メディアも注目

 中国1部・上海上港は、1日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第5節シドニーFC(オーストラリア)で0-4と大敗を喫した。試合途中に発生した守備を放棄して失点を許すシーンが、中国メディアでも「プロフェッショナリズムを投げ出したのか?」と波紋を呼んでいる。

 横浜F・マリノスとグループ首位の座を争う上海上港だが、グループ最下位のシドニーFCに足をすくわれた。前半28分に先制を許すと、その5分後にも失点し、2点のビハインドを背負って後半を迎える。

 そして、後半12分だった。シドニーFCに最終ライン裏へ縦パスを出されると、U-23中国代表GKチェン・ウェイが飛び出して処理を試みるが、タックルがまさかの不発。中国代表DFフー・フアンもペナルティーエリア内で相手FWトレント・ブアージャールを追いかけるのを止め、そのまま無人のゴールにシュートを流し込まれた。上海上港は後半15分にも4点目を奪われ、32分間で4失点と守備が崩壊した。

 中国メディア「新浪体育」は「上海上港のディフェンスラインは、勝手気ままで、プロフェッショナリズムを投げ出したのか?」との見出しで取り上げている。上海上港は直前に行われた同グループのもう1試合で、横浜FMの決勝トーナメント進出、全北現代の敗退が決定していたことで邪推も拡散され、「結果操作だという陰謀説を広めた」と触れている。

 上海上港は4日にACLグループステージ第6節で全北現代(韓国)と対戦予定だが、どのような戦いになるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング