「あれは故意ではないわ」 上海申花MF、妻が衝撃の“危険タックル”擁護発言で波紋

上海申花MFチン・ション【写真:Getty Images】
上海申花MFチン・ション【写真:Getty Images】

中国人MFチン・ション、背後からD・オリヴェイラを削って負傷退場に追いやる

 FC東京のFWディエゴ・オリヴェイラは、27日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4戦・上海申花(中国)戦で悪質なタックルを受け、無念の負傷退場となった。上海申花のMFチン・ションは危険なプレーで波紋を呼んでいるが、中国メディアによれば、妻は擁護する発言をしているという。

 新型コロナウイルスの影響で、カタールでの集中開催となった今季のACL。日本勢はグループステージ第3戦からの再開となり、FC東京は24日に上海申花に0-1で敗れていた。

 3日前のリベンジを期して臨んだこの日、負ければグループステージ突破が厳しくなるなかで、FC東京は集中力を切らさずにプレー。0-0のまま迎えた後半16分にFWレアンドロ、同37分にMF安部柊斗がゴールを決め、相手の反撃を1点に抑えて2-1で勝利した。

 会心の勝利を飾った一方で、アクシデントも発生した。イエローカード7枚、ファウル51回が記録される激しいゲームとなったなか、後半3分に目を疑うようなラフプレーが飛び出す。

 敵陣右サイドで相手を振り切ったD・オリヴェイラが加速したところで、斜め後ろから上海申花のMFチン・ションが突進。ボールではなく足に向かって、それも足の裏から飛び掛かるという信じがたい危険タックルにより、D・オリヴェイラはその場で倒れ込んだ。退場処分が妥当なプレーであることは誰の目にも明らかだったが、主審が提示したのはイエローカード。D・オリヴェイラは担架に乗せられて負傷交代となった。

 中国スポーツメディア「騰訊体育」は「チン・ションの狩るようなジャンピングタックルは、上海の敗戦以上に悪影響をもたらした」と言及。「多くの中国人記者も主審は慈悲深いと考えており、ビデオリプレー(VAR)があった場合、チン・ションはレッドカードで退場させられるべきだった。チン・ションはこれが初めての悪質なファウルではないが、彼の妻の反応はさらに信じられない」として、チン・ションの妻の発言を伝えている。

「あれは故意ではないわ。プレーが激しかったのは否定しないけど、選手たちはお互いに戦いが難しいことを知っているから、対戦する時は友人よ! テクニカルファウルは人間性や性格の悪さを意味するものではないわ」

 チン・ションの妻の発言に対しては厳しい目が向けられており、このプレーはしばらく波紋を呼び続けそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング