「イニエスタの衝撃」 難敵・広州恒大を打ち破る“匠の技”に海外メディアも脱帽

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

イニエスタの1得点1アシストの活躍で広州恒大に3-1で勝利し、グループステージ突破

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、現地時間25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節広州恒大(中国)戦で1ゴール1アシストを挙げ、3-1の勝利に貢献した。南米でも「イニエスタの衝撃」と報じられている。

 新型コロナウイルスの影響で今年3月に中断されたACLは、カタールでの集中開催として再開。神戸と同組のジョホール・ダルル・タクジムがマレーシア政府による渡航許可が下りずに辞退したため、神戸は2月の2連勝のうちジョホール戦が無効となった。それでも、勝利すればグループステージ突破という状況で広州恒大戦を迎えた。

 リーグ戦では5連敗と苦しんでいる神戸だが、0-0で迎えた前半44分、サイドチェンジをペナルティーエリア左で受けたイニエスタが華麗なステップワークで縦に突破すると、右足のアウトサイドでラストパスを送り、FW古橋亨梧の先制ゴールをアシストした。

 その後、2-1で迎えた後半39分にはFWドウグラスのパスを受けたイニエスタのシュートは一度相手に弾かれたものの、こぼれ球を再び押し込んでダメ押しのチーム3点目。1ゴール1アシストの大活躍で神戸を決勝トーナメントへと導いた。

 スペイン紙「AS」公式ツイッターは、「イニエスタはペナルティーエリア内に侵入し、ディフェンス全体を引きつけて(ゴール)ライン際をえぐり、自分のパートナー(古橋)を1人にさせた」とレポート。南米のスポーツ専門メディア「Meridiano」も「イニエスタの衝撃」との見出しで伝えている。

 神戸は28日、ACLグループステージ第4節で再び広州恒大と対戦する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング