神戸イニエスタは「魔法をかけ続けている」 ACLでの華麗アシストを海外称賛「輝かしい」

神戸MFイニエスタのアシストに脚光【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタのアシストに脚光【写真:Getty Images】

ACL広州恒大戦でイニエスタが躍動! 1得点1アシストでACL16強進出に導く

 Jリーグのヴィッセル神戸は25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節で広州恒大(中国)と対戦し、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの1ゴール1アシストの活躍などで3-1の勝利を収めた。日本勢最初の決勝トーナメント進出を決めたなか、海外記者やメディアはイニエスタの1点目のアシストシーンを称えている。

 新型コロナウイルスの影響で3月に中断されたACLは、カタールでの集中開催として再開。神戸と同組のジョホール・ダルル・タクジムがマレーシア政府による渡航許可が下りずに辞退したため、2月の2連勝のうちジョホール戦は無効に。それでも、このゲームに勝利すればグループステージ突破という状況で広州恒大戦を迎えた。

 カタール入り前のJリーグで5連敗とチーム状態に不安のあった神戸だが、スタメン出場のイニエスタが輝きを放つ。拮抗した展開のなかで迎えた前半44分、神戸は敵陣左へサイドチェンジすると、ペナルティーエリアに入ったところで受けたイニエスタが、右足でのプレーを意識させつつ縦に突破。最後はライン際から右足アウトサイドでマイナスのラストパスを送り、FW古橋亨梧の先制ゴールをアシストした。

 このシーンを受けて、スペイン紙「AS」のアリツ・ガビロンド記者は自身の公式ツイッターに「ドン・アンドレス・イニエスタはアジアチャンピオンズリーグで魔法をかけ続けている。36歳…」と綴って投稿。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版も、公式ツイッターでこのアシストシーンについて「アンドレス・イニエスタの輝かしいプレー」と伝えている。

 試合はその後、古橋のオウンゴールで同点とされたものの、後半29分にFWドウグラスが左足シュートをニアに決めて2-1と勝ち越し。さらに同39分、ドウグラスのラストパスを受けたイニエスタのシュートは一度相手に弾かれたものの、こぼれ球を再びシュートして3-1とした。

 イニエスタのACL初ゴールを含む1得点1アシストの活躍により、神戸は2連勝で決勝トーナメント進出が決定。イニエスタの“魔法”がチームをどこまで導くのか、海外メディアも注目しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド