横浜FM、ACL再開初戦で1-0勝利 MF天野純の劇的決勝ゴールで上海上港を下す

横浜FMのMF天野純が決勝弾【写真:Getty Images】
横浜FMのMF天野純が決勝弾【写真:Getty Images】

GKオビのPKセーブで失点を許さず、試合終了間際にMF天野が決勝点

 横浜F・マリノスは、24日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3戦で上海上港(中国)と対戦し、試合終了間際の決勝ゴールで1-0の勝利を収めた。

 横浜FMは2月に全北現代(韓国)とシドニーFC(オーストラリア)に2連勝し、新型コロナウイルスの影響による3月の大会中断を迎えた。それから時間が経ち、ACLは今月からカタールでの集中開催で再開。すでにカタール入りして2連勝した上海と、H組の頂上決戦となった。

 横浜FMは前半からボール保持率は高く、左サイドのFW前田大然のスピードを生かす意図のある攻撃も見せた。しかし、最終ラインに5枚を並べて受け止めることから始める上海の守備陣にゴール前へ入り込む効率性を高めることができなかった。

 上海の攻撃はほとんど機能させることなく、前半終了間際にセンターサークル付近から元ブラジル代表FWフッキに重戦車のような突破で持ち込まれ、距離のあるシュートを放たれたくらいで、失点の危機は感じさせることなく前半を0-0で終えた。

 後半に入っても横浜FMはボールを持つ時間が長くなったが、次第に攻め疲れを見せるかのようにペースダウン。後半の半ば以降は上海に攻め込まれる時間が長くなった。そうしたなかで迎えた同35分、横浜FMは相手の突破をペナルティーエリアの角付近で、途中出場のDF松原健が倒してしまいPKの判定となった。

 しかし、この大ピンチをGKオビ・パウエル・オビンナが救った。元ブラジル代表MFオスカルがゴール左を狙ったキックを読み切ると、右腕でボールを弾き出してファインセーブ。今季に流通経済大学から加入し、8月から10月にはJ2栃木SCへ育成型期限付き移籍。ACLの外国人枠の関係もあり横浜FMに復帰すると今月の浦和レッズ戦でJ1デビューを果たしたばかりだが、アジアの大舞台で最高のセービングを見せた。

 これを勇気に勝ち越しゴールを狙いたい横浜FMは同45分、左サイドから途中出場のDF高野僚がクロスを上げると、これをFW仲川輝人がヘディングシュート。相手GKが弾いたこぼれ球をMF天野純が蹴り込んだ。いずれも途中出場の3人が導き出したゴールで接戦を制した。

 横浜FMにとってのACL再開初戦で決勝トーナメントの常連でもある上海上港を破り決勝トーナメント進出へ大きく前進した。今後は中2日の連続となる過密日程を本格的に戦っていく。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング