ブラジル英雄、メッシの“バルサ退団”危惧 「どのように説得するのか見えてこない」

対団の噂が絶えないバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】
対団の噂が絶えないバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】

リバウド氏がメッシの来夏去就に言及 「より良いオファーを受けているだろう」

 元ブラジル代表FWリバウド氏は、今夏に移籍騒動が過熱していたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今季限りでバルセロナを退団する可能性を危惧している。英ブックメーカーサイト「Betfair」内のコラムで持論を展開している。

 メッシは今夏にジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長への不信感が募り、クラブに退団する意思があることを伝え、世界中に大きな衝撃を与えた。最終的には残留を果たしたが、契約が今季限りの状況は変わっておらず、依然として退団の可能性が残っている。

 バルセロナOBであるリバウド氏は新型コロナウイルスの影響で財政面に大きな打撃を受けたバルセロナが、メッシとの契約延長に合意するのが難しいのではと不安を指摘。そのうえで、今季がメッシのラストシーズンになる可能性についても言及している。

「もちろんメッシは他のクラブからより良いオファーを受けているだろうし、昨シーズン終了後にはすでにクラブを去ろうとしていた。クラブの役員会がどのように彼を説得するのか私には見えてこない。

 私の考えでは、今季のチャンピオンズリーグかリーガ・エスパニョーラで優勝するか、(ロナルド・)クーマンが美しいフットボールをチームにもたらすことだけが、メッシに再考させる唯一の方法だと思う。残念だが、今季がメッシのラストシーズンになることを私は恐れている」

 今季は開幕からやや低調な戦いが続くバルセロナ。今のクラブにはメッシを引き止めるだけの十分な要素が揃っていないとリバウド氏は感じているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング