森保J、パナマ戦出場全17選手「パフォーマンス査定」 文句なしの最高評価に輝いたのは?

自ら得たPKを決めたMF南野拓実【写真:ⓒJFA】
自ら得たPKを決めたMF南野拓実【写真:ⓒJFA】

1トップで先発した南野はPKこそ決めるも物足りなさの残る内容

<MF>
■鎌田大地(フランクフルト)=★★★★☆(←後半27分IN)
 右シャドーに入ったが流動的なポジショニングで攻撃の起点に。後半32分には絶妙なロングフィードで浅野を走らせて相手GKのファウル(一発退場)を誘発し、同45分にも三好の足元にピタリとつける高精度のスルーパスで1対1をお膳立てした。

■中山雄太(ズウォレ)=★★★☆☆(←後半37分IN)
 10月シリーズ第2戦のコートジボワール戦では左サイドバックでプレーしたが、この日は再びボランチへ。浅野を目掛けてロングフィードを狙うも通らず、短い出場時間でアピールとはいかなかった。

(出場なし)
伊東純也(ヘンク)

<FW>
■南野拓実(リバプール)=★★☆☆☆(→後半27分OUT)
 1トップ+2シャドーの最前線を託されたが、わずかなパスのズレや収めきれないシーンが散見。PK奪取&ゴールも決めて森保ジャパン最多の12得点に伸ばしたが、放ったシュート数などを踏まえれば物足りなさの残る内容だった。

■浅野拓磨(パルチザン)=★★☆☆☆(←後半27分IN)
 終盤から登場してスピードで存在感。後半32分には鎌田のロングパスに抜け出して相手GKルイス・メヒアの一発退場を誘い、その後も裏を狙う動きでパナマに脅威を与えていた。森保監督も「特徴は十分に出せた」と評価している。

(出場なし)
鈴木武蔵(ベールスホット)

(Football ZONE web編集部)


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング