ケイン、トッテナム通算200得点を達成 「初ゴールを決めたのが昨日のことのよう」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン【写真:AP】
トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン【写真:AP】

ELルドゴレツ戦で先制ゴールを決め、クラブ通算200得点に到達

 トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが現地時間5日のUEFAヨーロッパリーグ第3節ルドゴレツ戦(3-1)で先制ゴールを決め、クラブ通算200得点目をマーク。勝利に貢献したエースは、「初ゴールは昨日のことのよう」と大記録を振り返っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 トッテナムでの出場300試合という節目のゲームとなったアウェーでの一戦。先発出場したケインは前半13分にコーナーキックからヘディングでゴールネットを揺らし、試合の均衡を破った。これがクラブでの通算200得点目となった。

 英公共放送「BBC」によれば、これはジミー・グレイブス氏の266得点、ボビー・スミス氏の208得点に次ぐクラブ歴代3位の記録。現在27歳のケインは2011年の初ゴールから足かけ約9年、日数にして3248日での200得点到達とも伝えられている。

 200得点のうち半数以上の101得点は直近の135試合で決められたものだという。さらにアウェーでのゴール数が100得点目と記録され、ホーム・アウェーに関係なく安定して得点を決めている。

 UEFA公式サイトではケインの試合後の喜びのコメントが伝えられており、初ゴールから200得点までの道のりは風のように一瞬で過ぎ去った時間に感じられていたという。

「(200ゴールという)記録には満足している。時間が流れるのは早い。このクラブでの初ゴールを決めてたのが昨日のことのように感じる。同じ道を進み続けたい。勝ち点3を取れたことも嬉しい。今、我々はいいポジションにいる」

 ケインは今シーズン公式戦13試合出場で12得点と絶好調。欧州5大リーグの中では、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキと並ぶ最多得点者となっている。

 得点だけでなく、すでに10アシストも記録するなど計22得点に絡む活躍でトッテナムの攻撃を牽引するケイン。勢いが止まらないストライカーにとって、クラブ通算200得点もまだ通過点に過ぎないはずだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も