ロストフ橋本拳人、FW級の得点力&圧巻ヘディング弾を現地称賛 「サムライジャンプ」

ロストフでプレーするMF橋本拳人が今季5ゴール目をマーク【写真提供:FC Rostov】
ロストフでプレーするMF橋本拳人が今季5ゴール目をマーク【写真提供:FC Rostov】

アフマト戦で打点の高いヘッドを決め、早くも今季5ゴール目をマーク

 ロシア1部ロストフの日本代表MF橋本拳人は、現地時間18日に行われたリーグ第11節アフマト・グロズヌイ戦(3-0)で早くも今季5ゴール目をマーク。現地メディアは打点の高いヘッドに着目し、「サムライジャンプ」と称えている。

 FC東京の下部組織で育った橋本は、2012年にFC東京のトップチームに昇格。ロアッソ熊本での約2年間での武者修行を経て、15年にFC東京へ復帰すると、当たり負けしないフィジカルの強さと鋭いボール奪取、ダイナミックな攻撃参加を武器に定位置を確保した。

 2019年には日本代表にも選出され、Jリーグを代表するボランチに成長した橋本は、今年7月にロシア1部ロストフへの移籍を決断。新天地でも中盤のレギュラーを獲得している。

 アフマト戦でもインサイドハーフの一角に入った橋本は前半24分、右サイドのスローインからつないで回ってきた浮き球のボールをファーサイドで合わせ、打点の高いヘディングを敢行。シュートは相手GKの逆を突き、ゴール右隅に決まった。

 地元ロストフのテレビチャンネル「DON 24」は、「サムライジャンプ。ケント・ハシモトがグロズヌイからのゲストチームを破る先制点を奪った」と見出しを打ち、「相手DFがジャンプを考えている間に、ケント・ハシモトが最高級のジャンプでボールを逆サイドのゴール隅に突き刺し、今季5ゴール目を決めた」と称えている。

 FC東京時代の2017年にマークしたシーズン5得点の自己記録に早くも到達した橋本。データ分析会社「オプタ」によれば今季リーグ戦9試合に出場してシュート15本のうち枠内8本、決定率33.3%は3得点以上挙げている選手の中ではリーグトップタイと、ストライカーばりの数値を残している。

 ロストフのチーム内得点王としても君臨している橋本は、間違いなく新天地で不可欠な戦力となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング