「コートジボワールを支配」 日本の劇的勝利に仏紙も熱視線「日本を解放したのは植田」

後半ATに植田(一番右)のゴールでコートジボワール代表を下した日本代表【写真:Getty Images】
後半ATに植田(一番右)のゴールでコートジボワール代表を下した日本代表【写真:Getty Images】

日本がコートジボワールに1-0で勝利 途中出場の植田が後半ATに劇的決勝弾

 日本代表は現地時間13日、国際親善試合でコートジボワール代表と対戦し、1-0と勝利を収めた。試合終了間際にDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が劇的な決勝弾を叩き込んだが、海外メディアは「日本がコートジボワールを支配」と見出しを打ち、「日本を解放したのは植田」と取り上げている。

 日本は9日のカメルーン戦(0-0)から先発7人を入れ替えた。試合は一進一退の攻防となり、スコアレスの展開が続く。しかし、迎えた後半アディショナルタイム、右サイドでFKを獲得すると、キッカーを務めたMF柴崎岳(レガネス)がファーサイドに鋭いボールを供給。そこに走り込んだ途中出場の植田がダイビングヘッドを叩き込み、劇的な決勝弾を奪った。

 フランス紙「レキップ」は「日本がコートジボワールを支配」と見出しを打ち、アフリカの強豪を打ち破った日本の白星に注目。「試合終了間際にヘディングで日本を解放したのはナオミチ・ウエダだった」と取り上げている。後半43分の途中出場からわずか数分で日本を救う活躍を見せた植田の一撃は、海外メディアにとってもインパクトが強かったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も