森保J、コートジボワール戦「パフォーマンス分析」 1年4カ月ぶり先発の久保の評価は?

コートジボワール戦に挑んだスターティングイレブン【写真:ⓒJFA】
コートジボワール戦に挑んだスターティングイレブン【写真:ⓒJFA】

オランダ遠征2試合目で1-0と勝利 出場15選手を5段階査定

 日本代表は現地時間13日、オランダ・ユトレヒトで開催された国際親善試合でコートジボワールと対戦。後半アディショナルタイムのDF植田直通の決勝ヘディング弾で1-0と接戦を制し、2020年初勝利を飾った。

 森保一監督は9日のカメルーン戦(0-0)から先発7人を変更し、MF久保建英、MF鎌田大地、MF伊東純也、FW鈴木武蔵らをスタメン起用。スコアレスのまま終盤まで推移したなか、後半43分から途中出場した植田の値千金の一撃でなんとか勝利をもぎ取った。ここではコートジボワール戦に出場した全15選手のパフォーマンスを、5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で評価した。

<GK>
■シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)=★★★☆☆
 2019年6月以来となる代表戦出場。身長197センチの高さを生かしてハイボールを危なげなく処理し、後半3分にはコートジボワールFWジェルビーニョの右サイドからのシュートを鋭い反応でセーブした。吉田と冨安のセンターバックコンビが安定していたこともあり、そこまでのピンチはなかった。

(出場なし)
川島永嗣(ストラスブール)
権田修一(ポルティモネンセ)

<DF>
■室屋成(ハノーファー)=★★☆☆☆(→後半43分OUT)
 ジェルビーニョ相手に押し込まれ、後手に回る苦しい展開。試合途中に深いタックルで止める場面もあったが、後半32分にはあっさり入れ替わられてゴールライン際をえぐられ、クロスも精度はイマイチと、ドイツでの成長を発揮しきれずに酒井宏樹との差を露呈した。

■冨安健洋(ボローニャ)=★★★☆☆
 吉田とともに、サイドバックの裏のスペースをケアしながら、中央への攻撃にも冷静に対応。ボランチや2列目への長い縦パスを何度も狙うなど、守備以外のプレーでも積極性が感じられた。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★★☆
 キャプテンマークを巻き、的確な状況判断でカバーやラインコントロールを展開。冨安との連係も良く、2試合連続のクリーンシートに大きく貢献した。後半10分のセットプレーでは、打点の高いヘッドを繰り出すも枠を捉え切れなかった。

■中山雄太(ズウォレ)=★★☆☆☆
 代表3試合目で初の左サイドバックとして出場。柏レイソル時代にも経験しているポジションだけに、ボランチでのプレーに比べてマッチしている感はあったが、入れ替わられて背後のスペースを突かれる回数も多く、アピール成功とはならなかった。

■植田直通(セルクル・ブルージュ)=★★★★☆(←後半43分IN)
 後半43分から室屋に代わってピッチに立ち、3バックの右ストッパーでプレー。遠藤への不用意な縦パスを狙われる場面こそあったが、アディショナルタイムに鹿島時代の同僚MF柴崎のFKに合わせてダイビングヘッドでネットを揺らし、通算12試合目の出場で待望の初ゴールを挙げた。

(出場なし)
板倉滉(フローニンゲン)
酒井宏樹(マルセイユ)
安西幸輝(ポルティモネンセ)
菅原由勢(AZ)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」