「よくやったガク!」 柴崎岳、決勝弾演出の“華麗アシスト”にレガネスも称賛

DF植田直通の決勝ゴールをアシストしたMF柴崎岳【写真:Getty Images】
DF植田直通の決勝ゴールをアシストしたMF柴崎岳【写真:Getty Images】

後半アディショナルタイムに柴崎のアシストから植田が劇的な決勝弾が生まれて勝利

 日本代表は現地時間13日、国際親善試合でコートジボワール代表と対戦し、1-0と勝利を収めた。試合終了間際にDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が劇的な決勝ヘディング弾を叩き込んだが、セットプレーから華麗なアシストを記録したMF柴崎岳に対し、所属先のレガネスが称賛の言葉を贈っている。

 日本は9日のカメルーン戦(0-0)からスタメン7人を変更し、MF久保建英(ビジャレアル)やFW鈴木武蔵(ベールスホット)らを先発起用。試合は互いに決定打を欠いてスコアレスのまま推移し、試合終盤に突入した。

 迎えた後半アディショナルタイム、右サイドでFKを得ると、キッカーを務めた柴崎がファーサイドに鋭いボールを供給。これに後半43分から途中出場した植田が走り込み、ダイビングヘッドを叩き込んで劇的な決勝弾を突き刺した。

 アフリカの強豪コートジボワール相手に価値ある勝利を手にした日本だが、柴崎が所属するスペイン2部レガネスが公式ツイッターで反応。「シバサキがコートジボワール戦でフル出場を果たした。そして、アディショナルタイムに決勝点のアシストを生み出した! よくやったガク!」と称賛。日本を勝利に導く華麗なアシストに、レガネスも満足した様子だった。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング