“オール海外組”日本代表で「最も代表的なクラブ」なのは? 海外が注目「アジアで脚光」

ポルティモネンセに所属するGK権田修一とDF安西幸輝が揃ってカメルーン戦にスタメン出場【写真:ⓒJFA】
ポルティモネンセに所属するGK権田修一とDF安西幸輝が揃ってカメルーン戦にスタメン出場【写真:ⓒJFA】

権田と安西の先発起用に着目 「ポルティモネンセがコミットしてきたことの裏付け」

 日本代表は現地時間9日、国際親善試合でカメルーン代表と対戦し、0-0と引き分けた。ポルトガル1部ポルティモネンセに所属する日本代表GK権田修一と同DF安西幸輝が先発を飾ったことを受け、ポルトガルメディアは「ポルティモネンセは日本の先発11人の中で最も代表的なクラブとなった」と取り上げている。

 Jリーグが過密日程となっており、帰国時の隔離期間もあるため、招集メンバー全員が欧州でプレーする選手となった日本代表は、史上初の“オール海外組”でカメルーン戦に臨むことになった。守護神は権田が務め、左サイドバック(SB)には長友佑都(マルセイユ)が離脱したため、安西が先発に抜擢されていた。

 これを受け、ポルトガル紙「レコルド」は「権田と安西が先発し、ポルティモネンセがアジアで脚光を浴びた」と見出しを打ち、「ポルティモネンセは日本の先発11人の中で最も代表的なクラブとなった」と、同クラブから2選手がスタメンに名を連ねたことを強調していた。

 また、記事では「アジアのメディアで幅広く取り上げられた事実はここ数年、日本市場に対し、ポルティモネンセがコミットしてきたことの裏付けとなった。最初は金崎夢生、中島翔哉、そして今は権田と安西だ」と、ポルティモネンセが積極的に日本人選手を獲得してきたことにも触れている。

 日本人選手の獲得に意欲的なポルティモエンセだけに、今後を見据えて、今回のオランダ遠征に参加している日本人選手にも熱視線を送っているのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」