「誰にも負けていないと」 堂安律、久保・伊東・三好が参戦の“右MFサバイバル”を歓迎

日本代表MF堂安律【写真:©JFA】
日本代表MF堂安律【写真:©JFA】

堂安律が1年ぶりに代表活動に参加、激化する競争は「ウェルカム」

 森保一監督率いる日本代表は8日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に向けて、合宿4日目を迎えた。今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となるなかで、主力として森保ジャパンを支えてきたMF堂安律(ビーレフェルト)は、右サイドハーフの激化する競争について「ウェルカム」と歓迎した。

 堂安は清々しい表情で口を開いた。森保ジャパンの中軸としてチームを支えてきた22歳。初めてA代表に招集されてから2年、ここまで国際Aマッチ18試合3得点で森保ジャパンの“顔”とも言える2列目の右を務めてきた。

 そうしたなかで、今回オランダで行われている合宿では、同じポジションを得意とする選手がMF伊東純也(ヘンク)、MF久保建英(ビジャレアル)、MF三好康児(アントワープ)と招集人数が多く、いつにも増してサバイバルが激化している。それでも、堂安の気持ちはブレていないようだ。

「常に僕は言っているけど、競争はウェルカムで良いこと。全選手が思っていると思うけど、『誰にも負けていない』と思っていると思うので、それくらい自信にみなぎっている選手が集まるような組織。なので、僕はそれ(ウェルカムなこと)は変わっていない」

 昨季はオランダの強豪PSVに移籍するも、21試合3得点。なかなかゴールという結果を残せず、苦戦を強いられた。迎えた今季はPSVでプレシーズンを過ごすも、9月5日にドイツ1部ビーレフェルトへ電撃移籍。開幕から3試合連続で先発を飾り、新たな道で試行錯誤を続けている。日本代表の舞台に来ても、その貪欲さは変わることはない。

「得点力に飢えている自分の気持ちはむき出しにして、それを変える必要はないので、より欲や闘争心を出していきたい。守備のところでも体を張るところ、ミドルで相手に当たって入っても1点は1点なので、そういう貪欲なゴールも狙っていきたい」

 堂安にとっては1年ぶりのA代表の活動。強い気持ちを前面に出して、自らの力で日本へ勝利を届ける覚悟だ。

【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング