スペイン代表、2人目の新型コロナ陽性と現地紙報道 FWトラオレ、無念の代表連続辞退か

スペイン代表に招集されていたアダマ・トラオレが新型コロナ陽性に…【写真:Getty Images】
スペイン代表に招集されていたアダマ・トラオレが新型コロナ陽性に…【写真:Getty Images】

FWオヤルサバルに次ぐ2人目の陽性者とスペイン紙が報道 1日に再検査を予定

 スペイン代表に招集されていたウォルバーハンプトンのFWアダマ・トラオレが、新型コロナウイルスの検査で陽性が確認されたと、スペイン紙「マルカ」が報じた。スペイン代表ではFWミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)に続く2人目の陽性者となり、感染拡大が懸念される。

 9月のネーションズリーグに向けて最新の24名の代表メンバーを招集したスペイン代表。合流前に全員が新型コロナウイルスのPCR検査を受けたところ、FWオヤルサバルに陽性反応が確認され、招集を辞退。代わりにビジャレアルからFWジェラール・モレノが追加招集を受けている。

 そして、新たにイングランドのウォルバーハンプトンでプレーするトラオレも陽性反応が確認されたため、ドイツとウクライナとの2試合を欠場する見通しとなった。トラオレは昨年11月にスペイン代表初招集を受けるも、その時は負傷で無念の離脱となりデビューはお預けに。その時以来の招集となったが、今回も新型コロナによる辞退を余儀なくされそうだ。

 ただし「マルカ」紙は、トラオレは現地時間1日に再検査を受ける予定とし、そこで陰性となればスペインに渡航できる可能性があると伝えている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング