私が「朝鮮」と「在日」を背負う理由 在日女子サッカー界のパイオニアが掲げる”使命”

なでしこリーグ2部の日体大FIELDS横浜でプレーするFW李誠雅(写真右)【写真:日体大FIELDS横浜】
なでしこリーグ2部の日体大FIELDS横浜でプレーするFW李誠雅(写真右)【写真:日体大FIELDS横浜】

在日朝鮮人3世の李誠雅、11年のなでしこ世界一で意識した「朝鮮代表でW杯優勝」の夢

 日本体育大学女子サッカー部、およびなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)2部に参戦する日体大FIELDS横浜は、今年5月に公式noteを開設した。新型コロナウイルスの大流行で外出自粛が続き、「自分っていったい何なんだ」「なぜサッカーをやっているんだろう」と思いを馳せることが多くあったなかで、在籍する3年生部員の発案で「#私の咲く場所」をテーマに、選手・運営・スタッフが持ち回りでエッセイを投稿している。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 それぞれの熱い思いが文章化されていくなか、7月21日に「祖国と自分」と題された記事は大きな反響を呼んだ。2900文字超の投稿者は、3年生FWの李誠雅(リ・ソンア)だ。在日朝鮮人3世の彼女が自分のルーツと向き合い、「朝鮮代表でワールドカップに出て優勝する」という夢を追い続ける原動力に迫る。

   ◇   ◇   ◇

 生まれも育ちも日本は大阪の李誠雅は、朝鮮半島にルーツを持つ。日本で生まれ、日本で暮らす両親の下、1999年6月22日に在日朝鮮人3世として誕生した。サッカーボールを蹴り始めたのは、幼稚園の頃。家族や親戚はサッカーをやっていなかったものの、運動好きだった少女は小学2年生の時に本格的にサッカーを始めた。

「家族はあまりサッカーに興味がなかったなかで、私が突然習いたいと言い出した感じです。でも、朝鮮の国技というのもあって在日の中でサッカーは有名で、身近にあったので、抵抗もなく入っていきました。ゴールを決めたのが嬉しくてすぐにサッカーの虜になりましたし、FWだけじゃなく、中盤、サイド、DFでもプレーしましたね」

 地域のサッカークラブ、そして朝鮮学校のサッカー部でボールを追いかけていた李誠雅が、「朝鮮代表」「ワールドカップ優勝」を強く意識するようになったのは、2011年にドイツで開催された女子ワールドカップで、なでしこジャパン(日本女子代表)がセンセーショナルに世界一に輝く瞬間をテレビで見た時だった。

「私は日本人ではないですけど、日本という国はとても身近にあります。その女子代表チームであるなでしこジャパンが、ワールドカップで優勝してブームになった。noteには『ライバル心むき出しで』と書きましたが、それは日本を負かしたいというわけではなく、身近ななでしこジャパンが優勝できたのなら、きっと自分もできるなと。あの場に必ず立って、優勝したいと思ったのを覚えています」

今、あなたにオススメ

トレンド