英代表FWスターリング、新型コロナ陽性のボルト氏主催パーティー出席 14日間の隔離か

マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング【写真:AP】
マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング【写真:AP】

英代表FWスターリングが新型コロナ陽性のボルト氏と”接触”

 陸上競技の短距離で伝説を築き上げたジャマイカ人スプリンター、ウサイン・ボルト氏の新型コロナウイルスへの感染はスポーツ界に衝撃を与えたが、サッカー界にも影響があると英紙「デイリー・メール」が報じている。

 男子短距離の100メートル、200メートルで世界記録を樹立して五輪や世界陸上でも数々のタイトルを獲得した伝説的なスプリンターであるボルト氏は、インスタグラムで無症状ではあるものの新型コロナウイルスの検査で陽性反応があったことを公開。そして、現在は自宅に隔離中で待機状態にあるとした。

 一方で、ジャマイカで21日に誕生日パーティーを行ったというボルト氏は、その出席者に対して念のために隔離を呼び掛けている。その対象者にはマンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングや、レバークーゼンのFWレオン・ベイリーが含まれるとしている。いずれもジャマイカの首都キングストン出身であることから、ボルト氏との親交もあったようだ。

 これにより困ったのがイングランド代表のガレス・サウスゲート監督だという。というのも、9月初旬にはUEFAネーションズリーグの試合があり代表活動が行われる。その代表メンバーは25日に発表予定だが、そこにはスターリングが選出される予定だったとした。

 仮に14日間の隔離期間を設ける場合、スターリングが試合に出場することはかなり難しくなる。あらためて、新型コロナウイルスがスポーツにも大きく影響を与えることを示す出来事になった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング