バイエルン指揮官、殊勲の“伏兵”FWコマンを称賛 「リベリーとロッベンの影から…」

決勝点を決めたバイエルンFWキングスレイ・コマンとハンス=ディーター・フリック監督【写真:AP】
決勝点を決めたバイエルンFWキングスレイ・コマンとハンス=ディーター・フリック監督【写真:AP】

PSGとのCLファイナルでスタメンに抜擢、後半14分に頭で決勝ゴールを奪取

 2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は決勝でバイエルン・ミュンヘンがパリ・サンジェルマン(PSG)を1-0で下し、7年ぶり6度目の優勝を果たした。バイエルンを率いるハンス=ディーター・フリック監督は決勝点をマークした殊勲のフランス代表FWキングスレイ・コマンを「リベリーとロッベンの影から抜け出したかもしれない」と称賛している。UEFA公式サイトが指揮官の会見でのコメントを報じた。

 リスボンで行われたCLファイナル。バイエルンはキックオフ直前から猛烈なハイプレスを仕掛ける迫力満点のサッカーを展開すると、0-0で迎えた後半14分にドイツ代表DFヨシュア・キミッヒの右クロスからファーサイドで待っていたコマンがヘディングシュート。コスタリカ代表GKケイラー・ナバスの守るPSGゴールをこじ開け、試合の均衡を破った。

 前半途中にドイツ代表DFジェローム・ボアテングが負傷交代するアクシデントに見舞われるも、好セーブ連発のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーを中心とした守備陣は鉄壁を誇り、PSGの強力アタッカー陣をシャットアウト。1-0と最少得点差で勝利を収めた。

 シーズン途中就任でチームを三冠達成に導いたフリック監督は会見で「どちらのチームにもチャンスがあったハイテンポ、ハイオクな試合だった」と語り、一進一退の攻防が続くなかで、どちらが勝ってもおかしくない内容だったと振り返っている。

 フリック監督は「我々には世界最高のGKマヌエル・ノイアーがいた」と守護神の活躍を称えるとともに、スタメン抜擢で決勝点を挙げた“伏兵”コマンについても言及。チームの象徴的存在だったあの“ロベリー”の控えから、今季は大きな飛躍を遂げたと称賛している。

「今季、リベリーとロッベンの影から抜け出したかもしれない。キングスレイはとてつもない才能を持っている。今夜は彼が得点も取れる選手だということを証明した」

 決勝トーナメントに入って以降、準決勝まではクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチが左ウイングで存在感を放っていたなか、大一番でスタメンに抜擢されたコマンが古巣PSGを相手に大仕事やってのけた。

 昨季まで在籍していた元フランス代表FWフランク・リベリー(フィオレンティーナ)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(フローニンゲン)の2人の影に隠れた存在だったコマンだが、指揮官は今シーズンを通してその才能が開花したと感じたようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング