香川真司、1部昇格失敗で退団濃厚と海外メディア指摘 「サラゴサを去る」

サラゴサのMF香川真司【写真:Getty Images】
サラゴサのMF香川真司【写真:Getty Images】

サラゴサはエルチェに敗れてプレーオフ準決勝敗退「日本人には退団の決定が伝えられる」

 レアル・サラゴサは現地時間16日、リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ準決勝第2戦でエルチェに0-1と敗れ、合計スコア0-1で敗退が決定した。MF香川真司はトップ下で先発出場したが、海外メディアは「香川はサラゴサを去る」と見出しを打ち、退団の可能性が高いことを指摘している。

 今季を3位で終えたサラゴサはプレーオフ準決勝で6位エルチェと顔合わせすることになったが、決戦直前にエースのFWルイス・スアレスが保有元ワトフォードへ出戻る電撃退団が決定。波紋を呼んでいた。得点源が不在の状況で臨んだ第1戦では、敵地で0-0と引き分け、香川は4-2-3-1システムのトップ下で先発していた。

 ホームで行われた第2戦でも、香川は前戦に引き続きトップ下に配置された。後半5分にはゴール手前で決定機を迎えたが、左足のシュートは相手DFに当たってバーに直撃し、惜しくもゴールとはならなかった。同37分にはエルチェに決勝点を奪われ、同41分に獲得したPKをMFハビ・ロスが失敗し、0-1で試合に敗れた。

 合計スコア0-1で悲願の1部昇格を逃す結末となったなか、トルコメディア「フットボール・アリーナ」は「香川はサラゴサを去る」と見出しを打ち、「エルチェに敗れてプレーオフで敗退したため、日本人は退団する可能性が高まった」と1部昇格を逃したことで香川は退団する方針であると指摘している。

 記事では、「近いうちに経営陣が集会を開いて、この日本人には退団の決定が伝えられることが予想される」と説明していた。香川にとっては初のスペイン挑戦で1部昇格へシーズンを戦い抜いたが、このままサラゴサ退団となる可能性が高いようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング