ピルロ新監督就任は「リスクが多すぎる」 “未経験者”の抜擢の不安要素を現地メディア指摘

ユベントスの新監督に就任したアンドレア・ピルロ監督【写真:Getty Images】
ユベントスの新監督に就任したアンドレア・ピルロ監督【写真:Getty Images】

サッリ監督を解任すると同時に、U-23チームを率いる予定だったピルロが就任

 イタリア王者ユベントスは、今季から就任してリーグ優勝を成し遂げたマウリツィオ・サッリ監督を8日に解任。同日にクラブのレジェンドである元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏の監督就任を発表した。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、この人事を「魅力よりも狂気」と不安要素が多いと分析している。

 ピルロ氏は当初、U-23チームの監督就任が発表されていた。レアル・マドリードでのジネディーヌ・ジダン氏や、バルセロナでのジョゼップ・グアルディオラ氏のようにセカンドチームでの経験を積むことで、トップチームの指揮官に育て上げるというプランがイタリアメディアでは報じられてきた。

 しかし、ユベントスは7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)リヨン戦で、2-1で勝利したものの2戦合計スコアで準々決勝進出を逃していた。2011-12シーズンにアントニオ・コンテ監督の下で始まったリーグ戦の連覇こそ「9」に伸ばしたが、安定感のなさは9シーズンで最弱とすら批判を集めた。それを受けての監督交代となり、ピルロ氏はユベントスと2年契約を締結したという。

 一方で、この監督交代に対して、記事では「?」マークを多用して大いに疑問を呈している。

「まずはセカンドチームを率いるというジダンやグアルディオラが成功したステップは完全にキャンセルされた。多すぎるリスクがある。彼は子供たちのチームさえも指導したことがない。彼が技術者としての能力がない場合はどうなるか? 素晴らしい選手は何人いるか?

 ピルロが選手たちのグループに立ち向かわなければならない時に、どう反応するか誰も知らない。彼は戦術的なアイデアを伝えることができるか? チームはそれを実現できるか? そして、彼はベンチでゲームを読むことができるか? 彼は現場でこれまで扱ったことのないスタッフを上手に管理できるか? これらすべての未解決の質問について考えると、この動きには魅力よりも狂気があるという感覚になる」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング