浦和のルーキーMF武田、デビュー戦に厳しい自己評価 「通用したというところは…」

C大阪戦でプロデビューした浦和レッズMF武田英寿【写真:Getty Images】
C大阪戦でプロデビューした浦和レッズMF武田英寿【写真:Getty Images】

ルヴァン杯のC大阪線で途中出場し、プロのピッチに立つ

 浦和レッズのMF武田英寿は、5日のルヴァン杯グループステージ第2節のセレッソ大阪戦で後半31分から途中出場。これがプロデビューのピッチになったが、投入後に失点しての0-1敗戦に「今日に関しては自分が通用したというところは感じられなかった」と、厳しい自己評価だった。

 武田は約1年前に浦和への加入が内定し、青森山田高校で高円宮杯U-18プレミアリーグの優勝の原動力となり、全国高校選手権では準優勝。その後、沖縄県で行われていた浦和のトレーニングキャンプに途中合流した。キャンプではボランチと右サイドハーフでトレーニングに入り、非凡なキックセンスなども見せていたが、選手層の厚い浦和だけにリーグ戦でのチャンスは訪れなかった。

 そのなかで、武田も「カップ戦が近づいてきて、自分の中でもチャンスが大きいとは思っていた」と話したルヴァン杯で、プロ入り初のメンバー入りとなった。「初めて招集してもらって嬉しかったし、いつ出ても良いような準備をしていました」と話した武田に大槻毅監督の声がかかったのは、0-0で推移した試合の後半30分を少し前にしたところだった。

 大槻監督は「今日のゲームで戦力として、あのポジションで崩したかった。スルーパスなどの狙いを出してほしかった」と、武田を右サイドハーフに投入。しかし、前半から飛ばしがちだったチーム全体の運動量低下もあり「今日は外に張ってプレーして、クロスが多くなったけど、もう少し工夫できる場面もあったと思う」と試合後に話したように、変化をつけるには至らなかった。

 結果的に浦和はその後に決勝点を奪われて敗れた。それだけに武田は「呼ばれてすごく楽しみで入ったんですけど、なかなかうまくいかずで。自分が入ってから負けてしまったのが残念。今日に関しては自分が通用したというところは感じられなかった。シュートまでいく場面もなかったので」と、笑顔はなかった。

 大槻監督は武田について「ボールのフィーリングが良く、スペースを見つけることができるし、左足の良いキックがある」と、期待をかける。この日はチャンスが訪れなかったが、沖縄キャンプ中のトレーニングマッチでは正確なセットプレーキックでアシストも記録していた。

 武田は浦和にとって将来的な中心選手になるべき存在だけに、次は「今日は勝てなかったので、チームの勝利に貢献するプレーを献身的に頑張っていきたい」という言葉を有言実行することが期待される。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング