「新参者はNEWカガワ?」 遠藤、“香川の再来”に海外も期待「最も有望な若手に名前が出る」

ウニオン・ベルリンに移籍をしたMF遠藤渓太【写真:Getty Images】
ウニオン・ベルリンに移籍をしたMF遠藤渓太【写真:Getty Images】

今夏ウニオン・ベルリンに加入したMF遠藤にドイツメディアも注目「遠藤の成長に特に興奮を覚えている」

 日本代表MF遠藤渓太は今夏に横浜F・マリノスからブンデスリーガ1部ウニオン・ベルリンに期限付き移籍を果たした。海外初挑戦となるが、「ウニオン・ベルリンの新参者はNEWカガワ?」とドルトムントでスターとなったMF香川真司(現サラゴサ)の再来に期待を寄せている。

 2016年に横浜FMでトップデビューした遠藤は19年にはキャリアハイとなる7得点を記録し、J1制覇に大きく貢献。同年には、E-1サッカー選手権で日本代表に初選出され、中国戦でデビューを飾っている。そして、今年7月にウニオン・ベルリンへの期限付き移籍を決断し、海外初挑戦に臨むことになった。

 ウニオン・ベルリンは遠藤を含め5選手を新加入させるなど今夏の移籍市場で積極的な動きを見せているが、ドイツメディア「TAG24」は「ウニオン・ベルリンの新参者はNEWカガワ?」と見出しを打ち、新戦力の中でも「遠藤の成長に特に興奮を覚えている」と期待の存在であることを強調している。

 スポーツディレクターを務めるオリバー・ルーネルト氏のコメントも紹介しており、「最も有望な日本の若手について話す時、ケイタ・エンドウの名前が出る。壮大なポテンシャルを秘めており、我々を助けてくれるだろう」と22歳の遠藤に太鼓判を押している。

 また、ドルトムント時代に飛躍を遂げた香川についても「最初は誰もが悪い買い物で何もできないと思っていた。しかし、彼は突然世界のスターになった」と成功事例として挙げており、「時間を与えれば、彼も成し遂げてくれるはずだ」と香川の再現に太鼓判を押していた。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング