幻の「2020年バロンドール」を予想 受賞条件は“CL優勝”、最終候補に選んだ5人は…

2020年のバロンドールは新型コロナウイルスの影響で中止に【写真:Getty Images】
2020年のバロンドールは新型コロナウイルスの影響で中止に【写真:Getty Images】

【識者コラム】CLが唯一のビッグイベント、勝ち残るチームから候補者をリストアップ

「フランス・フットボール」誌が主催する2020年のバロンドールは、中止が発表されている。

 1956年の第1回受賞者はイングランドのスタンレー・マシューズだった。以降、昨年最多6回目の受賞となったリオネル・メッシまで毎年続けられてきた伝統ある賞である。ところが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で欧州選手権(EURO)、コパ・アメリカが相次いで開催を見送り、ビッグイベントがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)くらいになってしまった。

「今年のような特異な1年を通常と同じに扱うことはできないし、してはならない」という中止の理由は、まあそうだろうなとは思う。だが、そうなると仮に選ぶとしたら誰になるのだろうと考えてみたくなるものである。

 今年のCLは8月から再開の予定だ。残っていたラウンド16第2戦の後、準々決勝からはポルトガルでの集中開催となる。当然、ホーム&アウェーではなく一発勝負。選ぶなら、この大会の優勝チームからというのが妥当だろう。

 ただ、リヨン、アタランタ、RBライプツィヒ、チェルシーが優勝した場合は、相応しい選手がいるかどうかは微妙な感じになってきそうだ。年間MVPなので、CLの活躍だけというわけにもいかない。ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)なら可能性があったが、チェルシーへ移籍してしまったのでCLではプレーしない。それ以外のチームで候補者を絞ってみる。

●レアル・マドリード=カリム・ベンゼマ、セルヒオ・ラモス
●マンチェスター・シティ=ケビン・デ・ブライネ、ラヒーム・スターリング、セルヒオ・アグエロ
●ユベントス=クリスティアーノ・ロナウド
●アトレティコ・マドリード=ヤン・オブラク
●ナポリ=カリドゥ・クリバリ
●バルセロナ=リオネル・メッシ
●バイエルン・ミュンヘン=ロベルト・レバンドフスキ
●パリ・サンジェルマン=キリアン・ムバッペ、ネイマール

 これにプレミアリーグ優勝のリバプールからモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノを加えると、15人の候補者リストができ上がる。

 ただ、国内リーグ優勝だけのリバプールから選出するのは無理があるだろう。CLを制した昨年は、フィルジル・ファン・ダイクが受賞すべきだったと思う。

page1 page2

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング