J優勝経験DF、「キャリア最高」と絶賛したチームは? 「いろんな言い合いもしたけど…」

光った大黒柱の楢﨑、鼓舞する闘莉王の存在 「いろんな言い合いもしたけど…」

 そして、湘南戦で勝利を収めての栄冠。特に楢﨑、闘莉王の存在は大きく、チームの中心となって牽引した。特にW杯の中断明けからは上り調子。だが、当時のチームは初優勝の重圧を“楽しむ”ことができていたという。だからこそ、増川にとっては自身が経験した「キャリア最高」の”ドリームチーム”だった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「チームのまとまりがあったから強かった。やっぱ点が入った時はベンチも一緒になって喜べていたし、そういう一体感のある雰囲気を持っていた。誰かがそっぽを向いていたら、そのチームは良くない。試合に出ている選手も出ていない選手もすごく頑張れているところがあったし、みんなで喜べる雰囲気があった。それが一番。それをナラさん(楢﨑)がずっと主将としてまとめてくれて、闘莉王は試合で一番うるさいですし(笑)。いろんな言い合いもしたけど、本当に仲が良かった」

 当時の秘話を明かした増川。南アフリカW杯明けのFC東京戦、初優勝が懸かった湘南戦を乗り越えてたどり着いた頂点の景色は、今でも忘れられない。優勝メンバーとして積んだ大きな経験や夢に向かって走り続ける大切さを今度はセカンドキャリアで生かし、未来へとつなげていく。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  6. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ