名将も世界の強豪も求めた「大型CF」 L・ダミアンは川崎が直面する問題の解決策に?

サイズに頼り切ると攻撃は精度のないラフなものになるが…

 大型CFは五分五分の状況を有利にしてくれる。完全に崩し切らなくても、ハーフチャンスからでも得点の確率を上げられる。最悪、何もアイデアがなくても、大型CFを目がけてボールをポンと上げておくだけでも何かが起きる可能性がある。

 サイズに頼り切ってしまうと攻撃は精度のないラフなものに傾いてしまうが、ゴール前はサイズが解決してくれることが確実にあるのだ。

 川崎のほかにも、J1には大きくて頑健なCFがいるが、ほとんどは外国籍選手である。日本代表にもレアンドロ・ダミアンのようなCFはいない。つまり、川崎のような解決策は日本代表にはない。いずれ直面する……というか、すでに直面している問題に、違う解決策を見つけなければならないわけだ。

page1 page2 page3

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング