「不必要なレッドだった」 柴崎岳、キャリア初の一発退場に現地紙辛辣「許されざるプレー」

退場となってしまったデポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】
退場となってしまったデポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】

デポルティボは数的不利ながら勝利 「ガクの過ちをカバー」

 スペインのリーガ・エスパニョーラ2部デポルティボの日本代表MF柴崎岳は現地時間23日、5位エルチェとの一戦に先発出場したものの、前半途中のタックルで一発退場処分を受けてしまった。チームは1-0で勝利を収めたものの、スペイン紙「AS」の評価は低いものとなっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この日インサイドハーフで先発した柴崎は序盤からボールを受けて散らすなど、持ち味であるゲームメーク能力を見せていた。しかし前半32分、相手MFホサンに対するスライディングタックルがボールではなく、相手の足に行く形となってしまった。

 このレイトチャージがホサンに対する危険なタックルと認定され、レフェリーは柴崎に躊躇なくレッドカードを提示。柴崎とチームメートは冷静にスパイクの裏を見せていないというジェスチャーを見せたものの判定は覆らず、デポルティボは数的不利に陥ることになった。

 試合は後半20分に途中出場のFWウーゴ・バジェホのゴールを守り切ったデポルが勝ち点3を得る結果となったが、「AS」紙の寸評と評価はやはり柴崎に厳しくなっている。先発選手で三つ星満点中唯一の「星なし」となっており、寸評においては「日本人アタッカーは攻撃をつないでいたが、キックオフ30分後に許されざるプレーで退場となった。不必要なレッドだった」と、苦戦に陥る原因になったと指摘している。

 デポルティボについて同紙は「ガクの過ちをカバー」したとも記している。キャリア初の一発退場も仲間の活躍で救われた柴崎。名誉挽回の機会を待つしかない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ