7人の徹底対策vs壁1枚!? メッシとC・ロナウド、FK精度差を揶揄した“加工写真”が話題

バルセロナFWリオネル・メッシとユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
バルセロナFWリオネル・メッシとユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

セビージャ戦の“メッシFK対策”を受けて、英メディアがユーモアを交えた投稿

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは世界最高の選手と名高く、FKにおいてもトップクラスの実力を誇る。第30節セビージャ戦(0-0)では“メッシFK対策”が話題を呼んだが、英メディアは加工写真を用いて、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの“差”を表現し反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バルセロナは現地時間19日にリーガ・エスパニョーラ3位のセビージャと対戦し、0-0と引き分けた。前半20分にペナルティーエリア手前でFKを獲得し、メッシがボールをセットすると、セビージャは壁を5枚並べたのに加え、壁の下側から狙われるのを防ぐためにFWムニル・エル・ハダディを地面に横たわらせ、さらに、壁のすぐ後ろにはDFジュール・クンデを配置していた。

 メッシのFKは壁を越えたものの、キックの瞬間にバックステップを踏んでゴールライン手前に下がっていたクンデが、軌道を読み頭でクリア。計7人を費やした徹底的な対策を実らせていた。メッシの超人的なFK精度を踏まえての対策だったが、英メディアは1枚の組み合わせ写真を投稿している。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は公式インスタグラムで、セビージャ戦のメッシのFK対策の場面に加え、ロナウドのFKシーンの写真を並べて投稿しているが、ロナウドへのFK対策はわずか壁1枚。ロナウドはユベントスでFKキッカーを務めながら、18年の加入から一度も直接FK弾を記録していない。その事実を踏まえ、同メディアはユーモアを交えた加工写真をアップしたのだ。

 サッカー界において、メッシと比較されることが多いロナウドだが、現所属クラブで決めた直接FK弾の数においては水をあけられている状況だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」