日韓W杯、「笑いを誘う」罰金71万円ダイブ再脚光 「タイソンに殴られたように…」

2002年の日韓ワールドカップに出場した元ブラジル代表MFリバウド【写真:Getty Images】
2002年の日韓ワールドカップに出場した元ブラジル代表MFリバウド【写真:Getty Images】

2002年大会のトルコ戦、ブラジル代表MFリバウドが披露した行為に罰金71万円

 2002年の日韓ワールドカップ(W杯)はブラジル代表が2大会ぶり5回目の優勝を飾った。日韓大会のなかで印象に残るシーンを海外メディアがピックアップし、「笑いを誘うダイブは日韓ワールドカップで最も衝撃的」と決定的瞬間に再び脚光を当てている。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は「この日。リバウドの笑いを誘うダイブは、2002年日韓ワールドカップで最も衝撃的」と特集。2002年6月3日、韓国で行われたグループリーグ初戦、ブラジル対トルコ(2-1)のシーンを取り上げた。
 
 後半アディショナルタイム、リードするブラジルが右CKを獲得した際、トルコ代表DFハカン・ウンサルは、早く始めてほしいとばかりにリバウドに向けてボールを蹴った。これが膝付近に当たると、リバウドはおもむろに顔を抑えて転倒。まるで顔面にボールが直撃したような演技を見せて話題となった。

「ボールはリバウドの膝に当たったが、マイク・タイソンに殴られたように顔を押さえて倒れ込んだ。ウンサルは(2枚目のイエローカードを受けて)レッドカードが出されたが、論争は始まったばかりだった」

 ブラジルが最終的に大会を制したが、リバウドのこの行為をFIFA(国際サッカー連盟)は問題視。後日、悪質なシミュレーションと判断されて、5180ポンド(約71万円)の罰金を科されている。

 記事では「リバウドは2002年ワールドカップを優勝メダルで締めくくったが、FIFAから罰金を科され、騙したとのレッテルを貼られたほどの恥知らずのプレーから始まった」と指摘している。リバウド本人は「僕は被害者であり、罰金を科された側だ。明らかにボールは顔に当たっていないが、それでも僕は被害者だった」と弁明したという。

 卓越したスキルでブラジル代表の10番も背負った魔術師だが、日韓W杯でのダイブは輝かしいキャリアの汚点と言えるのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」