レアル主将ラモス、華麗な“スコーピオンパス”が話題 「感動の技」「魔法を与えた」

レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】
レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

ラモスが6月2日の練習で見せたノールックでの空中バックヒールパスに反響

 リーガ・エスパニョーラは、新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズンの再開が6月11日に決定した。5月10日に練習をスタートしたレアル・マドリードは負荷を上げている段階だが、主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの華麗なパスが注目を集めている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 レアルは6月14日にMF乾貴士の所属するエイバルと再開初戦で対戦予定。チーム練習をスタートさせてから4週間が経過しており、3カ月ぶりの公式戦に向けて調整を続けている。

 主将ラモスはこれまでも軽快な動きを見せていたが、6月2日の練習で飛び出したワンプレーに海外メディアも注目している。

 後方からのロングボールが長くなったなか、ラモスはエビぞりのような形で右足を上げ、ノールックのままヒールでミート。すぐ近くの味方に的確にボールを落とし、パスにつなげた。

 フランス誌「フランス・フットボール」は「セルヒオ・ラモスがトレーニングでショーを開催」と見出しを打ち、「数カ月、外出自粛を余儀なくされても反射神経をキープしている。セルヒオ・ラモスは素晴らしいテクニカルなプレーでそれを証明した」とレポート。スペイン語専門の米スポーツ専門テレビ局「Telemundo Deportes」公式ツイッターは「なんてクオリティーだ」と称え、ポルトガル紙「レコルド」も「感動の技」「メレンゲのキャプテンは魔法を与えた」と伝えている。

 リーグ戦再開後も、主将ラモスの活躍に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」