香川真司、Jリーグ電撃復帰も選択肢? 現地紙注視「日本も排除されるべきではない」

現在、サラゴサでプレーをする香川真司【写真:Getty Images】
現在、サラゴサでプレーをする香川真司【写真:Getty Images】

香川の去就にスペイン紙が注目 アメリカ、カタール、トルコ、日本が新天地候補に

 スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司の去就を巡って、様々な新天地候補が浮上している。スペイン紙「Eldesmarque」は複数の選択肢を挙げつつ、「アイドルのままである日本復帰など他の提案も排除されるべきではない」と報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在31歳の香川は昨季途中にドイツのドルトムントから、トルコのベジクタシュに期限付き移籍。その後、2年契約でサラゴサに加入した。今季リーグ戦23試合2ゴールにとどまっているなか、その立場は安泰とは言えないようだ。

「今シーズンの終了は、香川真司のサラゴサの選手としての再確認を意味する。真のスターとなった日本のミッドフィールダーは輝く機会がほとんどなく、彼の未来はエスタディオ・デ・ラ・ロマレダ(サラゴサ本拠地)から遠ざかっている」

 記事では、香川が苦しい立場に置かれている状況に言及。サラゴサと2年契約を結んでいるが、今季終了後の去就は不透明としている。「香川真司は31歳で素晴らしい経歴を持っており、選手としての未来もあるため、夏のマーケットで契約しても不思議ではない」と指摘。古巣ベジクタシュ復帰も選択肢として挙げるなか、その他の候補地にも触れている。

「彼の将来はアメリカのMLS、カタールリーグにあるように見えるが、トルコへの再上陸、彼がアイドルのままである日本復帰など他の提案も排除されるべきではない。いずれにせよ今シーズンの終わりは、次の移籍市場で取る方向性と大いに関係しそうだ」

 スペイン2部は6月12日から本格的に再開し、サラゴサは13日に本拠地でアルコルコンと対戦する。香川はシーズン終盤戦で結果を残し、自らの価値を高められるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ