伝説の“5人抜き”にクラシコ3発も… “天才”メッシの「象徴的な瞬間TOP10」を英選出

1位は2012年に成し遂げた「年間91得点」の偉業

 3位は13年前の2007年4月、コパ・デル・レイ準決勝のヘタフェ戦で見せた伝説の“5人浮き”ゴール。同胞のレジェンドMFディエゴ・マラドーナを彷彿とさせる独走弾がトップ3の一角を占めた。

 そして2位は2007年3月、レアルとのクラシコで決めたハットトリックだ。試合は3-3のドローに終わったが、本拠地カンプ・ノウで決めたこのゴールショーはメッシにとってキャリア初のハットトリックだった。

 そして1位は、2012年に成し遂げた「年間91得点」という偉業だ。メッシは2012年1月1日から12月31日までの1年間にバルセロナで79得点、アルゼンチン代表として12得点をマーク。圧巻の決定力を見せつけたメッシは、同年に4年連続のバロンドール受賞を果たした。

 このトップ10以外にも、数多くの印象的なプレーを見せてきたメッシ。32歳となった今も圧巻のプレーを見せる“天才”は、これからも人々の脳裏に刻まれるような印象的なシーンを生み出してくれそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング