「ゾッとする」 韓国Kリーグ、スタンドの「不気味な女性人形」珍ショットに海外衝撃

5月8日に再開されたKリーグでの観客席に注目【写真:Getty Images】
5月8日に再開されたKリーグでの観客席に注目【写真:Getty Images】

無観客のなかで行われた韓国Kリーグ、海外メディアがスタンドの珍風景に注目

 韓国Kリーグの第2節が17日に各地で行われ、新型コロナウイルスの影響により無観客のなかで実施された。海外メディアは会場のスタンドに目を向け、海外メディアは「ファンの代わりに実物大の女性人形を置いて、みんなを怖がらせた」と写真付きで報じている。

 Kリーグは2月末に開幕を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期。その後、無観客を条件に5月8日に開幕していた。17日にはFCソウルが光州FCと対戦。試合は1-0でFCソウルが勝利したものの、英メディア「スポーツ・バイブル」は「FCソウルが、スタンドに不気味なプラスチック製の人形を配置」と見出しを立て、写真を公開した。

 記事では「ソウルもスタジアムの周りで群衆の音を流し、選手やファンのために雰囲気を加えている」と、無観客のなかで疑似的な盛り上がりを生み出す試みに触れている。その一方で驚きを与えたのがスタンドの光景のようだ。「ファンの代わりにスタンドに実物大の女性の人形を置いて、みんなを怖がらせた」と伝え、同メディアの公式ツイッターで写真とともに「おぉ…これはゾッとする」と紹介している。

 また英サッカーメディア「Copa90」公式ツイッターも反応。「試合開始15分で0-0、今のところ唯一目立っているのは、FCソウルがスタンドに置いたプラスチック製のファンだけ。彼らが社会的な距離を取っているのを見るのは良いことだ」と綴った。

 試合の結果以上に、スタンドに並んだ実物大のプラスチック製女性ファンが海外メディアの興味を引いたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング