ドイツサッカーと新型コロナ感染 陽性反応のハノーファーDF「遠い世界のことが…」

新型コロナの被害を受けているハノーファー【写真:Getty Images】
新型コロナの被害を受けているハノーファー【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】初の感染者となったハノーファーDFヒュバース、原口らチーム関係者は14日間の自宅隔離

 日本代表MF原口元気が所属するハノーファーのDFティモ・ヒュバースに新型コロナウイルスの陽性反応が出たとクラブから公表されたのが、3月11日。その後、DFヤネス・ホルンにも陽性反応が出たことで、選手はもちろん、チーム関係者は14日間の自宅隔離を余儀なくされる事態となった。ドイツで初めてのケースだっただけに、大変な事態だったことだろう。

 ヒュバースは当時の心境について、次のように明かしている。

「僕にとって最初は全然現実的なものではなかったんだ。もちろん、メディアを通じてウイルスに関するニュースは読んでいたよ。でも、どこか遠い世界のことだと思っていた。ウイルスがドイツにも到達しているなんて感覚は本当になかった。それがその感覚を持った時が、自分が感染した時だなんて。ウイルスに関して措置は凄いことになってきている。でも、そうすることが正しいと思うんだ。サッカーはとても素敵なものだ。でも人生には、もっと大事なものがある。みんなの健康と社会のあり方は特にそうだよ。そのために僕らサッカー選手も、自分たちにできることで貢献しないと」

 自宅隔離中の選手はチームからトレーニングプランを受け取り、可能な限りコンディションを維持する以外やりようがない。今やるべき最善の策であることを関係者は皆理解し、それぞれで日常生活をやり繰りしている。とはいえ、1日の多くの時間、何もしないでじっとしているのは、ハードにトレーニングをするよりもずっときついことだ。適度な気分転換をしていくことが気持ちの安定にも欠かせない。

 キャプテンのMFマルビン・バカロルツは「今の生活でハイライトは、犬と一緒に庭に出ている時だね。部屋から外に出て、新鮮な空気を吸って、遠くの自然を眺めて。本当に素敵だなって感じるんだ。実際に自分がこういう事態にならないと、それがどれだけきついことかはちゃんと分からない」とコメントを残している。スウェーデン代表FWヨン・グイデッティは子どもたちと一緒に仮装してダンスをしたり、廊下でミニボーリングをしたりと楽しみを見つけている。スポーツディレクターのゲルハルト・ツーバーは、「選手のために自分たちがいることが大事であり、そのためには頻繁に連絡を取ることが大切だ」と、こまめに選手とコンタクトを取っているようだ。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング