ボタフォゴ上層部、“本田効果”でチケット完売期待 公式SNSも煽り「日本人がプレーする!」

ボタフォゴMF本田圭佑(写真中央)【写真:Getty Images】
ボタフォゴMF本田圭佑(写真中央)【写真:Getty Images】

本田圭佑、15日のバングー戦でボタフォゴ加入後初の公式戦出場が見込まれる

 ブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑は、デビューの時が近付いているようだ。クラブは公式SNSで本田のデビュー戦に向けて期待を煽っており、現地メディアによると上層部はチケットの完売を期待しているという。

 本田は、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)後にオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーに移籍。昨季限りで同クラブを退団し、昨年11月にかつて所属したCSKAモスクワ時代の恩師レオニード・スルツキー監督が指揮を執っていたオランダ1部フィテッセに加入した。だが、指揮官の辞任を機に電撃退団。その後、複数クラブのオファーを検討したうえで、ブラジル行きを決断していた。

 本来は現地時間10日のブラジルカップ3回戦パラナ戦でデビュー予定となっていたが、本田の発熱により回避。15日のリオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦でのデビューが濃厚となっている。そんななか、クラブ公式ツイッターは「日本人がプレーする! その時がやってきた! 日曜日に本田がデビュー、ニウトン・サントス(本拠地)を埋めて勝利を目指そう!」と綴って投稿し、来場を呼びかけた。

 ブラジルメディア「Gazeta Esportiva」は「ボタフォゴは本田によってニウトン・サントスが満員になることを期待」と見出しを取り、今節に向けたクラブの動きに言及。本田のデビューが濃厚であることに触れたうえで、「クラブ上層部は満員になると見ている。4万枚以上のチケットが売りに出され、テレビ中継のある試合にもかかわらず、完売が期待されている」と伝えている。

 そうした状況を受け、ボタフォゴのパウロ・アウトゥオリ監督は「ホームの雰囲気を作り出し、素晴らしいゲームをするために、ファンのサポートはもちろん重要だ。我々は結果を出さなければならない」とコメントしているという。“本田効果”によってホームの雰囲気が高まり、勝利につながることになれば、ボタフォゴにとっては目論見通りの一戦となりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング