「アイコンタクトすらしない」 マンUの“ホットライン弾”に英紙注目「騙し討ちした方法」

マンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシアル(左)とMFブルーノ・フェルナンデス【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシアル(左)とMFブルーノ・フェルナンデス【写真:Getty Images】

フェルナンデスがマンC戦でマルシアルの先制点をアシスト「相互理解が高まっている」

 マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ第29節でマンチェスター・シティと対戦し、ホームで2-0と勝利した。“マンチェスター・ダービー”でシーズンダブルを達成したユナイテッドだが、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとフランス代表FWアンソニー・マルシアルが見せた“阿吽の呼吸”の先制点に英紙が注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 シーズン終盤で迎えた“マンチェスター・ダービー”は、熾烈なトップ4争いを演じるユナイテッドとリーグ3連覇がほぼ不可能となったシティの間にあるモチベーションの差がピッチで浮き彫りとなる展開となった。序盤こそシティが優位に試合を進めたものの、ユナイテッドは前半30分にスコアを動かすことに成功する。

 左サイドでFKを得ると、MFフレッジが助走を取る。すると、ボール横でファーサイドに構えていたチームメートたちに指示を送っていたフェルナンデスが突如ニアサイドに浮き球のパスを供給。それまで全く動く素振りを見せていなかったマルシアルが即座に反応し、ダイレクトシュートでゴールマウスを打ち破った。

 あらかじめ用意していたサインプレーだった可能性が高いものの、コンマ数秒の完璧なタイミングで生み出した先制点に英紙「メトロ」は「フェルナンデスがマルシアルの輝かしいゴールを生み出すためにシティを騙し討ちした方法」と見出しを打って注目している。

「フェルナンデスはフレッジと会話した後、ボックスにいる選手たちに指示を送っていたが、助走を取らずにフレッジへ託す提案を見せていた。どんな場面でも、フェルナンデスはマルシアルとアイコンタクトすらしていなかった。そして、フェルナンデスの機転がマルシアルのシュートスペースを生み出した」

 記事では、本来フレッジがキッカーを務めるはずだったが、ボール付近に立っていたフェルナンデスの“即興”で記録したアシストと主張しており、「フェルナンデスとマルシアルの相互理解が高まっていることが浮き彫りとなった」と指摘している。今冬にフェルナンデスが加入して以降、ユナイテッドは好調を維持しており、名将アレックス・ファーガソン以来となるシーズンダブルを達成した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も