本田圭佑、「ポルトガル語の先生」との2ショット写真に反響 「素晴らしい」「なんて謙虚」

ボタフォゴMF本田圭佑が募集していたポルトガル語の教師と2ショット【写真:Getty Images】
ボタフォゴMF本田圭佑が募集していたポルトガル語の教師と2ショット【写真:Getty Images】

自身の公式ツイッターで“公募”していたポルトガル語教師が決定か

 ブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑は先日、ポルトガル語の教師を公式ツイッターで“公募”して話題を集めていた。そして今回、「ポルトガル語の先生」との2ショット写真を公開し、反響を呼んでいる。

 本田は昨年11月、オランダ1部フィテッセに加入。しかし、CSKAモスクワ時代の恩師でもあるレオニード・スルツキー監督が成績不振で解任され、自身も12月に退団した。その後は無所属の時期が続くも、1月31日にボタフォゴへの移籍が決まった。現在はチームとともにトレーニングを続け、デビューの時を待っている。

 自身のSNSでブラジルでの生活やトレーニングの様子を頻繁に公開している本田だが、先日には公式ツイッターで「英語を話せるブラジル人の教師の方を探しています。私にポルトガル語を教えてくださる方は連絡してください」とポルトガル語教師を“公募”。その行方が注目されていた。

 そして現地時間2日、本田は公式インスタグラムを更新。ポルトガル語で「ポルトガル語の先生」と綴り、1枚の写真を公開した。本田のポルトガル語の教師に就任したと見られる人物との2ショットとなっており、コメント欄では「素晴らしい」「おめでとう!」「私も先生になりたかった」「なんて謙虚なんだ」と反響が集まっているほか、「早くデビューして!」とピッチ上でのプレーが待ち切れないファンからのコメントも寄せられていた。

 チームメートとのコミュニケーションは主に英語で行っている本田だが、現地での言語習得にも強い意欲を持って臨んでいる。デビューの際にはポルトガル語で周囲に指示を出す姿が見られるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング