「日本人の追放を謝罪」 ライプツィヒ、“コロナ対応”の声明に海外注目「人種差別的な…」

ライプツィヒ対レバークーゼン戦で起きた日本人グループの"追放措置"が物議に【写真:Getty Images】
ライプツィヒ対レバークーゼン戦で起きた日本人グループの"追放措置"が物議に【写真:Getty Images】

レバークーゼン戦で日本人観客を新型コロナウイルス感染の疑いでスタジアムから追放

 ドイツ1部ライプツィヒは1日のブンデスリーガ第24節でレバークーゼンと対戦し、ホームで1-1と引き分けた。この試合、現地観戦していた日本人観客が新型コロナウイルス感染の疑いでスタジアムを追い出された騒動が問題視されていたが、クラブが正式に謝罪の声明を出したことを海外メディアが取り上げている。

 問題視されているのは、ライプツィヒの本拠地レッドブル・アレナで行われたレバークーゼン戦を現地観戦に訪れた日本人グループを、現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染の可能性があるとして、試合開始から前半15分の段階でクラブ側がスタジアムから追放した措置だ。

 ドイツメディア「op-online」は「ブンデスリーガでコロナウイルスのスキャンダル! ライプツィヒは謝罪しなければならない」と取り上げると、ドイツ放送局「ntv」は「追放は人種差別的なアプローチだった」と糾弾。ドイツ紙「ビルト」は「コロナの恐怖で追放された日本人」と見出しを打ち出し、ドイツメディア「ran」は「非常に疑問符の残る振る舞い」と指摘している。

 ライプツィヒの日本人観客に対する対応が物議を醸している事態を受け、クラブ側は正式に謝罪を表明。「起こしてしまった過ちを謝罪し、賠償をさせていただきたい」とし、「警備スタッフが懸念から日本人のゲストに対し、誤った判断を下してしまった」と説明し、すでに該当者にコンタクトを取っているとしている。

 これを受け、英紙「ガーディアン」は「ライプツィヒはコロナウイルスの“過ち”で日本人観客に謝罪」と伝え、英メディア「90min」も「ライプツィヒが日本人観客の追放を謝罪。『犯された間違い』」と大々的に取り上げている。ドイツでも150人以上の感染者が出ており、緊迫した状況を迎えているが、差別的な待遇を受けた日本人にとっては悲しいニュースとなってしまった。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング