ルドゴレツが新型コロナ警戒 医療用マスク着用でのイタリア入りを英公共放送も報道

ブルガリアのルドゴレツ【写真:Getty Images】
ブルガリアのルドゴレツ【写真:Getty Images】

イタリアでもコロナウィルスの感染者が増えており、ルドゴレツは厳重警戒で現地入り

 新型コロナウィルスは中国、日本、韓国といった東アジア圏にとどまらず、ヨーロッパ各国でも症例が出たとの報告が上がっている。そのなかでも特に感染者数が増加しているのがイタリアで、セリエAの試合が延期、無観客試合となっているが、UEFAヨーロッパリーグ(EL)インテル戦に臨む対戦相手が厳重警戒のなかで現地入りしたという。

 現地時間27日にEL決勝トーナメント1回戦(ベスト32)を戦うためにインテルの本拠地ジュゼッペ・メアッツァへと乗り込むルドゴレツ(ブルガリア)がイタリア国内に到着した様子を英公共放送「BBC」が報道。選手やチームスタッフの様子は通常では考えられない外見だった。

 それは医療用のフェイスマスクで口と鼻の大部分を覆い、手袋着用という状態だったのだ。試合はすでに無観客試合で行われることが決定しているが、これだけの厳重な装備ぶりが新型コロナウィルスに対しての警戒心の強さを象徴している。

 イタリアでは現在300人以上の感染者、そして死亡者が12人出たこともあって、インテルをはじめとしたセリエAの試合が延期に。また現地時間1日に行われるユベントス対インテルの「イタリア・ダービー」も無観客試合が決定した。またラグビーの国別対抗戦「シックスネーションズ」なども延期になるなど次々とスポーツ界に影響を及ぼしているなかで、試合に臨む選手やクラブ側も細心の注意を払っているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング