PK“9人連続失敗”の珍事をメンタル面から分析 連鎖反応が起きやすい心理状態とは?

9人失敗中5人がゴール上に浮かして失敗となった【写真:石倉愛子】
9人失敗中5人がゴール上に浮かして失敗となった【写真:石倉愛子】

「浮かさないように」とイメージするとボールは浮く?

 まず大儀見氏は、「『シュートを外さないように』とイメージするほど、逆に外しやすくなります」と指摘する。テレビ中継では、解説者の北澤豪氏が「みんな浮いてるんで、絶対浮かないようにと思って入ってるとは思うんですけどね」とコメントしていた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「北澤さんが言ったとおり、選手たちも『浮かさないように』と考えていたと思います。実は、こういった打ち消しの思考は良くないんです。例えば『絶対にピンクのゾウのことを思い浮かべないでください』と言われたらどうでしょうか。頭の中にはもう、いますよね(笑)。

 人間の脳内は“無意識”が強いので、“意識”では『外さない(=入れる)』と考えていても、“無意識”で『外す』の単語や映像のほうに引っ張られます。失敗が続いた流れでは、そのようなメンタルになりやすいですね」

 ゴルフのタイガー・ウッズは、ラウンド終盤の重要な局面でも、相手のパットを「入れ!」と念じながら見るという。大儀見氏によると、たとえ相手のパットでも「入れ!」と考えることで肯定的なイメージが無意識に作られ、自分に有利に働くそうだ。

 また、今回のPK戦で特徴的だったのは、ゴールの上に外す選手の多さである。クロスバーに当てた選手も含め、実に5人もの選手がボールをゴールより高く浮かせた。

「『外せ』と思いながらハーフラインの列で待っていて、相手が外したら『よっしゃ』と。それと同時に『また上に外したな』と無意識に捉えて、上に浮かして外すイメージがさらに強化されていったのではないかと」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. 「ファンが涙」 イングランド代表のW杯新ユニフォーム、不評デザインに反響拡大「今まで見た中で最悪」

  6. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  9. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  10. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  1. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  8. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」