愛される宮市亮、“悔しさ露わ”の先にある充実感 「怪我の時は感じられなかった」

悔しさを露わにするザンクト・パウリMF宮市亮【写真:Getty Images】
悔しさを露わにするザンクト・パウリMF宮市亮【写真:Getty Images】

ザンクト・パウリ宮市、ドレスデン戦で決定機決めきれず 「なんでポスト当たるの?」

 スタジアムを包み込む熱狂のなか、元日本代表MF宮市亮は思わず天を仰いで悔しがった。現地時間14日に行われたブンデスリーガ2部の第22節、ザンクト・パウリが最下位ディナモ・ドレスデンをホームに迎えた一戦の後半アディショナルタイムのシーンだ。

 徹底的に守備固めをして、0-0の引き分けに持ち込もうとするドレスデンに対し、猛攻を続けていたザンクト・パウリが相手の一瞬の隙をつき、左サイドから途中出場のMFクリストファー・ブフトマンのクロス。そのまま放物線を描いてクロスバーを直撃したボールが、ゴール前に詰めていた宮市へとこぼれてきた。相手DFは完全に逆を突かれ、動くこともできない。角度がないところからだったが、胸トラップから迷いなく右足から放たれたシュートがGKの右脇をすり抜けていく。

 だが、ボールはゴールへ吸い込まれる代わりに左ポストを叩いて、ゴール前へと跳ね返ってきた。このボールを拾ったザンクト・パウリのMFヴァルデマール・ソボタが三たびシュートに持ち込んだが、これも相手DFに当たり、宮市の目の前を通ってゴールラインを割っていく。前半から攻め込み続け、何度も決定機を作りながらも1点が奪えないでいたザンクト・パウリは、最後の絶好機でもゴールを奪うことができず、直後に試合終了のホイッスルが鳴った。

 ザンクト・パウリとディナモ・ドレスデン。残留を争う直接対決ということもあり、ホームスタジアムにはほぼ満員となる2万8980人が詰めかけた。ドイツでも指折りの熱狂的なファンがチームを支える両チームの対戦だけに、試合前からスタジアムをピリピリとした雰囲気が包み込む。アウェー席からの「ディナモ」コールが起こると、その何倍もの「ザンクト・パウリ」コールが一気に飲み込んでいく。

 試合後にはディナモファンの一部が柵を乗り越えてザンクト・パウリファンと乱闘騒ぎを起こし、18人が負傷。ピッチ上では終盤にあったPKが取り消されたことに納得がいかないドレスデンのマルクス・カウチンスキ監督が猛烈に審判団に抗議し続けたことでイエローカードをもらうことに。一方、ザンクト・パウリのGKコーチは感情の高ぶりを抑えることができずに、不満を叫びながらロッカールームへと消えていった。

 一つの試合。でも、そこには様々な思いが交錯しているのだ。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング