マンUマグワイアの“股間キック”お咎めなしで波紋 「VARを使おうとする人間が無能」

マンチェスター・ユナイテッドDFハリー・マグワイア【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドDFハリー・マグワイア【写真:Getty Images】

前半21分、背後から押されたマグワイアがチェルシーFWバチュアイに“報復キック”

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間17日、プレミアリーグ第26節チェルシー戦で2-0と勝利を飾った。フル出場したイングランド代表DFハリー・マグワイアはチーム2点目を挙げて白星に貢献したが、序盤の“ラフプレー”がお咎めなしになったことが、波紋を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は前半45分にフランス代表FWアンソニー・マルシアル、後半21分にマグワイアがゴールを決め、ユナイテッドが敵地でチェルシーを下した。一方で、スコアが動く前の前半21分、議論を呼ぶシーンが発生した。

 相手が最終ラインから縦パスを入れたところを、回り込んでクリアしようと試みたユナイテッドのマグワイアは、競り合ったチェルシーFWミシー・バチュアイに背後から押されてタッチライン外へ転倒。直後にバチュアイに正対し、右足を上げて相手の股間付近を蹴り上げた。

 不意打ちを食らったバチュアイは苦悶の表情を浮かべ、しばらく起き上がることができず。一連のプレーはチェルシーのベンチ前で起こったため、チェルシーのスタッフはアンソニー・テイラー主審に抗議したが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は「ノーレッドカード:暴力行為なし」と判断を下して、プレーは続行された。

 チェルシー公式ツイッターは、フランク・ランパード監督の「マグワイアはレッドカードを受けるべきだった。彼はその後(チームの)2点目を挙げている。様々な角度からチェックするためにVARを導入したはずだ」というコメントを投稿。スポーツ専門局「ESPN」UK版は「ソン:レッドカード マグワイア:プレー続行」と綴り、昨年12月にトッテナムFWソン・フンミンがチェルシーDFアントニオ・リュディガーに“報復キック”を見舞い、一発退場になったプレーを引き合いに出して報じた。

 また、英サッカー番組「サッカーサタデー」のプレゼンターで、英5部相当ハートリプール・ユナイテッドの社長を務めるジェフ・ステリング氏は自身のツイッターで、「私が最も懸念しているのはプレミアリーグの審判は、ハリー・マグワイアが何をしたか見ることができないという事実だ。システムの欠陥ではなく、それを使おうとする人間が無能なんだ。本当に恐ろしい」と主張している。

 お咎めなしに終わったマグワイアの“報復キック”は、しばらく波紋を呼びそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ