ベッカムの新MLSチーム、開幕前に258億円の“大型契約”締結 盤石の体制でリーグ参戦へ

デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ【写真:Getty Images】
デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ【写真:Getty Images】

イメージ改善を狙うカタール財団がインテル・マイアミとスポンサー契約

 元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミは、米メジャーリーグサッカー(MLS)でのデビューを目前に控えるなか、大型のスポンサーシップ契約を締結した。英紙「ザ・サン」によると、インテル・マイアミはカタール財団と契約。その額は1億8000万ポンド(約258億円)になると伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今季からMLSに参戦することになったインテル・マイアミは、ベッカム氏が共同オーナーを務める新クラブ。現地時間3月1日にロサンゼルスFCとの開幕戦を控えるなかで、新しいチームを潤す大型のスポンサーシップ契約が決まったようだ。

 インテル・マイアミの新しいスポンサーとなるのは、以前にバルセロナのスポンサーを務めたことがあるカタール財団で、スタジアムやユニフォームなどにその名前が掲げられることになるようだ。そして、その契約金は1億8000万ポンド(約258億円)という莫大な金額となっている。

 カタールは国際的なイメージ改善を図るため海外への投資を促進したいと考えているようで、インテル・マイアミとベッカム氏が持つイメージはその戦略にぴったりと判断して、今回の投資を決めたようだ。

 かつてベッカム氏が所属していたパリ・サンジェルマン(PSG)の会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏もカタール出身で、今回の契約に影響を及ぼした人物の1人と考えられている。そのアル・ケライフィ会長は、以前にベッカム氏について「スポーツの域を超えている」と語っていた。

 今回の契約で、インテル・マイアミのMLS初年度に向けた金銭面での準備は万全といったところだろう。ベッカム氏が盤石の体制を築くインテル・マイアミがMLSを席巻する日も近いかもしれない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」