「仰天のコレクション」 バルサDF、“ドラゴンボール大集合写真”に反響「信じられない!」

バルセロナのポルトガル代表DFネウソン・セメド【写真:Getty Images】
バルセロナのポルトガル代表DFネウソン・セメド【写真:Getty Images】

ポルトガル代表DFセメドの所有するドラゴンボールフィギュアに注目「まるで博物館」

 バルセロナは現地時間2日、ホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第22節レバンテ戦に2-1と勝利した。ポルトガル代表DFネウソン・セメドは右サイドバック(SB)として先発フル出場を果たしたが、海外メディアはセメドが世界的人気を誇る日本漫画「ドラゴンボール」のフィギュアのコレクションを展示している写真に注目している。

 2017年にベンフィカからバルセロナへ加入したセメドは、右SBでスペイン代表DFセルジ・ロベルトとのポジション争いで劣勢を強いられている。昨季移籍が取り沙汰されていたが、最終的には残留を決断。今季はここまで公式戦23試合に出場している。

 そんななか、メキシコメディア「TUDN」公式インスタグラムはセメドのコレクションが収められている写真を投稿。30体以上のフィギュアが棚に並べられており、「信じられない! セメドはドラゴンボールZのフィギュアとキャラクターの仰天のコレクションを揃えている」と文章を添えている。

 コメント欄でも「美しきコレクション」「クールなフィギュアだ」「素晴らしい写真!」「まるで博物館」と反響が寄せられていた。「ドラゴンボール」はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを含め、世界各国のサッカー選手に愛されているが、そのなかでもセメドは本格的なファンと言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング