デポルティボ柴崎、6連勝を呼ぶゲームメイク力を現地高評価 「個の力を見せつけた」

6連勝に貢献したデポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】
6連勝に貢献したデポルティボMF柴崎岳【写真:Getty Images】

マーカーを分散させて決勝点をお膳立てしたほか、決定機を作るスルーパスも披露

 日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボは現地2月1日、リーガ・エスパニョーラ2部第26節ラス・パルマス戦に2-1の勝利を飾り、リーグ戦6連勝を飾った。そのなかでゲームメイクした柴崎も、地元紙でおしなべて高い評価を受けている。

 試合は前半17分にセットプレーからFWサビン・メリノがニアサイドを打ち破ってデポルティボが先制に成功。後半22分にオウンゴールで同点とされたものの、その7分後に左サイドからのクロスにゴール中央に柴崎が走り込んでマーカーの集中を分散させると、ファーサイドのDFエネコ・ボベダが合わせて決勝ゴールをゲットした。

 柴崎はこの決勝点の前にも球足の長いスルーパスでメリノの決定機を演出するなど、持ち味を見せた。スペイン紙「AS」の選手採点では、スペード3つが満点の中でスペード2つの評価を受けており、地元紙「ラボス・デ・ガリシア」では10点満点中7点の評価。「彼はスタメンだったが、後半に入ってから彼がゲームメイクする試合となった。メリノにとってこの日2ゴール目がほぼ可能であったはずの、個の力を見せつけた」と、ゲームメーカーとして輝きを放ったと評価している。

 暫定ではあるものの、デポルティボはこの勝利で15位に浮上。また昇格プレーオフ圏内の6位のフエンラブラダと勝ち点差7にまで復調してきた。そのなかで柴崎のコンスタントな活躍があるのは間違いない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング